焼売のサムネイル
江蘇省、浙江省、安徽省、広東省などでは「焼売」と呼ばれ、北京などでは「麦」と呼ばれる。「焼売」と「麦」は同音である。 焼売の語が確認できる最古の史料は14世紀元朝時代の高麗で発刊された『朴事通』で、そこには元の大都で「素酸馅稍麦」を販売する店があったことが記されている。「稍麦」も「焼売
15キロバイト (2,058 語) - 2024年4月2日 (火) 06:09




「焼焼売」は、崎陽軒ならではの創意工夫が感じられる新商品でした。タケノコの食感がシウマイとマッチしていて、飽きずに楽しめる一品です。ぜひ期間限定の販売期間中にお試しいただきたい商品ですね。




<ツイッターの反応>


らいど
@ride9

昨日、LIVEでシュウマイ、シュウマイ言ってたから(笑)食べ比べで美味しかった黒豚シュウマイお持ち帰りしてみた 新幹線の構内でも買えるのね!? 日持ち長持ちの焼焼売も買ったし、しばらく崎陽軒満喫できそうです😁 ということで、ありがとう横浜!

(出典 @ride9)

『ナチスと鉄道』(NHK出版新書)/『ふたつのドイツ国鉄』/『鉄道のドイツ史』も発売中です
@MIZUTORIAB

新横浜駅 崎陽軒焼売の誘惑 「焼焼売」というのを買ってしまった

(出典 @MIZUTORIAB)

のぶチン
@no_bu_chi_n

久しぶりに崎陽軒のシウマイ。何気に自分で焼いて食べる「焼焼売」が好きだ。 pic.twitter.com/xgVYcTGIUh

(出典 @no_bu_chi_n)

ゐぶ
@cosmos8128

崎陽軒の焼焼売めちゃ美味しい

(出典 @cosmos8128)